睡眠の質を高めるために意識していること

20160714214201

サプリメントに頼らず心身の健康を維持できる何よりの方法、それが『適切な睡眠時間をとる』ことです。

電気を消して真っ暗な布団の中、ついついスマホを触ってしまい、気付けば深夜一時、二時・・・げっ、もうこんな時間!?

現代人なら誰もがありうること。私も日々やってしまいがちです。

理想の睡眠時間は7~8時間といわれており、六時間以下の睡眠は疲労回復には不十分で日中のパフォーマンスを落とします。

更に女性ならば、気になるのは肌の状態。寝不足は美肌の天敵!と言い伝えられてるように、様々な肌荒れや肌トラブルを引き起こします。

そうはいっても、日中は朝から晩まで仕事をして、自由になれるのは帰宅して床に着くまでの間だけ・・・その僅かな時間で今日という日を楽しみたい・・・。

ものすごく分かります。

しかし、そのために翌日に不調を持ち越してしまうのは損です。

おすすめしたいのが、帰宅後のタイムスケジュールを決めておくこと。

ざっくりでいいのです。

例としては、八時に帰宅して夕飯、九時に入浴、十時~十一時半までは落ち着いてさあお楽しみの時間!十二時には就寝、など。

特に大切なのが、就寝前にスマホを触らないこと!目的もなくダラダラと続けてしまいがちなうえに、目が冴えて余計に眠れなくなります。

気になるブログのチェックくらいならいいでしょう。

特に検索は危険です!

なんとなく浮かんだワードを意味もなく調べてぼんやり眺めているうちに、いつの間にかとんでもない時間が過ぎていたりします。

何度もやりました。実体験です。

「寝る」と決めたら、スマホは触らずに置いておきましょう。

ネットはいつでも繋がります。通勤電車の中や、休憩時間にでも楽しめばいいのです。

今日はもう寝る時間だから、明日にしましょう。

サプリメントはいいものです。

リーズナブルな価格で手軽に不足しがちな栄養を補えて、私達の健康を助けてくれます。

特に最近はマカ配合のマカアンドクラチャイダム20000+というサプリを摂りいれて、おかげで調子が良いと感じています。

でも、あくまで補助食品。

基本的な食事内容や睡眠時間を見直すことこそが、健康な心身になるための一番の方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です