筋トレは自分の生活部門で金賞受賞

5b580930a335bd5018d3312efc0d0a51_s

三年前から筋トレを近隣のジムで始めた。以前はスポーツクラブに通って水泳をしたこともあったが時間がかかりすぎ、自分の生活リズムに合わなかった。お金を払っても行かなくなる回数が増えることが多かったので断念した。しかし筋トレと有酸素運動を30分ですることを提唱しているジムに通うようになると、時間もセーブできる上、効果が少しずつ目に見えてきた。体の不調に気づくことが自然にできるようになり、その解消法もみつけることができてコントロール可能になった。

ジムにある筋トレのマシーンは12種類、きちんとスタッフが常駐しているので、使い方が間違っていると常に指導してくれる。マシーンは油圧式になっているので、初心者や体の調子がよくないときは、ゆっくり動かせばよい。慣れてくれば、ペースを上げて続ければ、筋肉もついてくる。また筋トレだけでなく有酸素運動も取り入れているプログラムなので、きつくない。

筋トレのためにジムに通うのは週二日にしているのだが、このくらいの頻度だと調子がよい。通い始めの頃は休んでいるときも筋肉が作られていくのが分かった。筋トレ、有酸素運動、ストレッチをジムで行い、家でも肩こりなどがひどくなったときにストレッチをすると、寝つきもよく体の調子もよく、体調が少しずつ上向きになっていった。

57eefa12885e9f203abcf30cf920e80c_s

三年前に比べると体重は増えたけれども、体も締まってきた。ムキムキにする方法を試して体重が増えたのにもかかわらず、メタボは脱出、自分のお腹は筋肉で割れ、ゆるくシックスパックになっているではないか!筋トレ、有酸素運動、ストレッチを最低週二回するようになってから目立ってよくなったことは、1.お腹がへこみ筋肉がついた、2.肩こりが少なくなった、3.体を支える脚や足を重視するようになったことである。それから口から入れる飲み物や食べ物が、次第に自分の体に必要なモノだけがほしくなるようになってきた。水分を取るときは、水や白湯が多くなり、食べ物もタンパク質や野菜を自然に取るようになり、揚げ物や甘いお菓子の摂取量も減ってきた。人工甘味料や特別添加物が入っているモノは、食べたり飲んだりするときに味で判断できるようになり、おいしくないので取らなくなった。

最初は体をスリムにしたい思いから始めた筋トレだったが、体重が増えても収穫は大きい。体のことだけでなく、生活全般についても見直しができるようになった。これは私の生活部門で大収穫、金賞である。食べ物、飲み物、普段の生活スケジュールにも気づきがあたえられて苦なく動けるようになったことで、頭の回転も速くなった気がする。私にとって筋トレはいいことずくめだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です